スタッフブログ

谷川原 朋信

トリヴィア? 2 スピ-ドリミッタ- フランス

[2018/07/31]

スタッフ:
谷川原 朋信
カテゴリー:
シトロエンについて
シトロエン・DSにはスピ-ドリミッタ-が全ての車に付いています。
恐らく、日本ではあまり利用されていないのではと思っています。


5年前にフランスに行き、友人の車に乗せてもらいました。
しばらくして、友人がスピ-ドリミッタ-を使っているのに気付きました。

なぜ使っているのか聞いてみると、フランスでは制限速度を5km/h以上オ-バ-で走行中に、警察官に見つかると違反切符を切られると言っていました。

ですので、スピ-ドリミッタ-を制限速度の5km/h未満に合わせているとのこと、頻繁に使うとのことでした。
フランスでの制限速度は、日本と比べて高いと思いました。
市街地 50km/h, 幹線道路 90km/h, 高速道路 130km/h(雨天時 110km/h,市街地での高速道 110km/h)のようです。

谷川原 朋信

トリヴィア?  カップホルダ- EU諸国

[2018/07/29]

スタッフ:
谷川原 朋信
カテゴリー:
シトロエンについて
シトロエン・DSのカップホルダ-は車種によって、付いていないもの、500ミリリットルのペットボトルが入らないものがあります。

なぜだろう?と思っていました。

今さらではありますが、5年前にフランス在住の友人にきいたところ(現在は法律が変わっているかもしれませんが)、
フランスでは、ドリンクを飲みながら、食べながら、たばこを吸いながら運転すると違法になると聞きました。携帯電話を片手に持って話しながら運転するのと同じで、片手運転になるからだそうです。

しかし、そこまで厳しい訳ではないようで、運転手がドリンクを飲んだりしながら運転しているのを警察官が見ても捕まらないと言っていました。
ドリンクを飲んだりしながら運転して事故を起こしたりすると、より厳しい罰則があるのかもしれません。

イギリス、スペインなど他のEU諸国でも違法と聞きました。
EU諸国は安全基準が厳しいのだと改めて感じました。


EU諸国以外ではどうなのかと思い聞いてみると、アメリカ、オ-ストラリアなどは日本と同じで問題ないとのことです。

ドイツ車の多くにしっかりしたカップホルダ-が付いているのは、アメリカなどに多くの車を輸出しているのも理由の1つかもしれません。
シトロエンでは、日本用にオプションでカップホルダ-をご用意しています。


ドアボトルホルダ- C3,C4,DS 3,DS 4用
DS 3,C3(2010,5~2017)用カップホルダ-

小林 俊平

懐かしのシトロエンBX!

[2017/09/14]

スタッフ:
小林 俊平
カテゴリー:
シトロエンについて
NewC4のディーゼルモデルにお乗りの、我が家のご近所さんのN様から、何とも懐かしい写真が送られて来ました。長野県上田市に行かれた時、街角に停まっていた紺色のシトロエンBXの写真です。

何年か前までは、サービスに入庫して来る事もあったのですが、今は1台も入って来なくなりました。もちろん、街角で走っている姿を、見かける事もありません。思わず、「わぁっ、懐かしい!」と声が出てしまいました。

私が初めてシトロエン車のハンドルを握ったのが、シトロエン党の義父が乗っていた、このシトロエンBXでした。確か赤色の左ハンドル車でした。
当時の私は、国産N車のかっ飛びカーに乗っていたので、その乗り味の違いにビックリしてしまいました。フアフアの乗り心地の良さなのに、コーナーを気持ち良く曲がるのに、感動してしまいました。何しろ、当時の私の愛車は、ガチガチサスのゴーカート並でしたから・・・・。

義父のプッシュもあり、次第にシトロエンのハイドロサスの虜になってしまい、XantiaXMC5と乗り継いで来ました。そして、現在はシトロエン車を販売しています。私にとって、正にエポックメーキングなクルマが、このBXだったのです。

でも、そのハイドロサスを搭載するシトロエン車が、なくなってしまったのは、何とも寂しいですが・・・・。N様、とっても懐かしい写真を、ありがとうございました。また何処かで、懐かしのシトロエン車を見かけたら、是非情報をお願いします!

小林 俊平

シトロエン党?のコスチューム!

[2017/06/05]

スタッフ:
小林 俊平
カテゴリー:
シトロエンについて
シトロエン党の方は、シトロエン車に乗られる時の服装にも、こだわっておられます。昨日の、COCMのツーリングでお見かけした、お二人をご紹介します。
まずは、津市にお住まいで、DS3 Sport Chicにお乗りのI様です。DS3と言えば、やっぱりWRC(世界ラリー選手権)での活躍です。WRCで、シトロエンのメインスポンサーだったのが、飲料水メーカーの「Red Bull」でした。その「Red Bull」のシャツ、WRCファンでもあるI様に、とてもお似合いでした。
次は、同じく津市にお住まいで、C4ピカソにお乗りのO様です。2CVクサラ、そしてC4ピカソと乗り換えてこられた、大のシトロエン党?のO様のズボンです。WRCのメカニッククルーが、サービスパークで着用するズボンなんだそうです。ご自分でクルマいじりをされる、O様らしいコスチュームでした。

I様とO様、ツーリング参加、ご苦労様でした。次回のツーリングにも、素敵なシトロエンコスチュームでご参加下さい。楽しみにしています!

小林 俊平

京都のDS!

[2017/05/08]

スタッフ:
小林 俊平
カテゴリー:
シトロエンについて
今日も、お客様からお送りいただいた、連休中のお写真をご紹介します。和歌山県新宮市にお住まいで、DS3パフォーマンスにお乗りの、T様からお送りいただいた写真です。
京都市内を走行中に、懐かしの名車DSを見つけ、思わず撮った写真だそうです。最近では、ほとんど街では見かけなくなった、シトロエンファン憧れのDSです。

そんなDSを、現代版のDS3にお乗りのT様が撮ってくださった事が、とても嬉しく思いました。残念ながら、この時T様が乗っておられたクルマは、独のB車だったそうですが・・・・・。

T様、素敵なお写真を、ありがとうございました。次回は是非、新旧のDSを並べて! ちょっと無理な注文でしょうか?!